ARTIST

川﨑 麻央

Mao Kawasaki
川﨑 麻央
 土着的なものに底知れぬ創造性を感じて。
 日本神話や各地域の民話は、昔の人々の心のあり方を感じることができ、ここ数年制作のテーマとして没頭しています。神話や八百万の神々は、その土地の地形や気温、環境がもつエネルギーと、そこに生きる人間の身体感覚とが映発し生じたものであると思っています。そして神々の形態描写や伝承方法が隠喩的なため、時代の必要性に応じて新しく捉え直され、ダイナミックに変化していく様に人間の根源的な創造力を感じ、芸術的で興味が尽きません。
 神楽などの舞踊りには、基本的に畏怖するものへの模擬変身的要素がありますが、私自身も描くことで模擬変身をしていると確かに感じるし、イメージだけで終わらせずに描き出すことによって(畏怖するような)対象から解放されるような不思議な感覚があります。FROM展はやりたいことが出来るまたと無い機会なので、やってみたいことの全てに挑戦してみたいと思います。

川﨑 麻央

Mao Kawasaki
1987島根県生まれ
2010東京藝術大学 安宅賞
2014東京藝術大学大学院美術研究科日本画研究領域修了 修了作品買上・杜賞
第29回有芽の会 法務大臣賞
再興第99回院展 初入選(’15、’17、’18)
2015第70回春の院展 初入選(以降毎年)
2016第1回石本正日本画大賞展 奨励賞 石正美術館買上
2017東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了 修了作品野村美術賞
2018第73回春の院展 奨励賞
個展『川﨑麻央日本画展 -神遊び-』 / 日本橋三越本店
2020第75回春の院展 春季展賞・郁夫賞・第11回春の足立美術館賞
島根県益田市スポーツ・文化顕彰
再興第105回院展 奨励賞・第26回天心記念茨城賞
 
東京藝術大学日本画非常勤講師 日本美術院院友
川﨑 麻央
国来、国来
98 × 98cm
2021年